韓国ところどころ

ソウルの路地裏や地方のステキなところをご紹介。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 公州・混ぜうどんが食べられるお店「チョガチッ」 | main | NUVO・エコCCロースター >>
写真教室・ダメだしがうれしい
0
    週に1度、付岩洞(プアムドン)に写真を習うために通っています。ユン・ドンジュ記念館からかなり歩き、山登りに近い坂なので行くだけで正直かなり疲れます。汗だくだくです。けれども授業の内容がとても濃く、他の方たちの作品を見るのもとても刺激になるのでがんばって通っています。

    最近心地よい風が吹くようになり、汗だくだくから汗だくに変わりつつあります。もうすぐしたら、今度は冷えるというようになるでしょう。

    ↑この文章は毎回つけることにしました。

    写真教室4回目は、野外撮影でした。はじめ盤浦(バンポ)大橋にあるセビッソムに行く予定でしたが、当日の天気があまりよくなかったため急遽、三清洞近く、昭格洞(ソギョットン)の国立現代美術館ソウル館へ。

     


    曇り空の中撮影スタート。1時間の間に、絞り優先モードでアウトフォーカスとパンフォーカス(ディープフォーカス)、シャッタースピード優先モードでスピードを速く、遅くでそれぞれ撮る、自由に撮るの3つの課題で撮りました。
    ワタクシの場合、知識もないので絞り優先以外のモードで撮ることはまったくといっていいほどありません。シャッタースピードで撮るのがよくわからなくてですね…難儀しました。難しく考えるなと言われるものの。

    去年の10月、国立現代美術館ソウル館を設計した建築家と回る建築ツアーに参加したことがあります。権威主義的で嫌いなので、ほんとはなくしてしまいたかったんですねと建築家に言わしめたこちらの建物。
    ワタクシは大好きです!
     


    撮った写真に対してカン・ジェグ先生(この写真に写ってる男性)がコメントをしてくれました。

    ござの作品(アバウトで失礼)の大きさを見せたかったといいますか、全体を入れたかったので撮りました。

    “あ〜大きさを表したかったら僕たち人間をもっと小さく撮らないと。つまりもっと離れて撮らないと伝わりませんね”
     


    シャッタースピードの練習。真ん中に立ってる女子高生に動きを合わせて…
    “たくさん人がいない限りは人物が重ならないことが好ましいです。重なっていなければ、三清洞にいるいろいろな年代の女性、という表現が生きるかも。一番右の店の中にいる女性、彼女がもっと出口近くでまさに出ようとする瞬間まで待っていたら、写真全体に動きがあって、いろんなストーリーを見る側は想像できる。もうちょっと待ってみるとよかったかもしれません”
     




    わざと遅くして撮ったんですが、暗くなってきてたのでやはりかなりブレてしまいました。
    “これももう少し待つか、もう少しはやめにシャッターを切ったほうがよかったかも、後ろの女性がいなかったほうが私はいいかな〜と思います。ぼけてしまったので惜しいですね”
     




    とりあえずアウトフォーカスです。
    “はい、まあベタな写真ですね(笑)これくらいでいいと思いますよ”
     


     


    これは宿題として出していません。





    十数枚ある中で、唯一ほめられた写真です。
    建物を撮るのがやはり好きだな…

    “構図がよいですね、これ右側の黒い部分の面積が少しでも違ったら、印象がまったく変わってくると思います。左の鉄の部分の黒ともバランスがいいです。ちょこちょこと生えている雑草もいいですね。差し色の緑。一見なんでもない写真かもしれませんが、実はよく構図を考えた一枚です。”
     



    先生はワタクシの写真の撮り方のクセ、嗜好をすぐに把握しました。“寄って切り取るのが好きなようですが、対象から離れる、待つというのも積極的に取り入れてみましょう、人を撮るのに緊張しすぎているのでもっとリラックスしてください”

    和気あいあいとした撮影タイムがあっという間に終わり、
     



    反省会となりました。入隊ビフォーアフター韓国男子写真を回しながら、いただく餃子鍋。
    眼鏡をかけた女性と赤いTシャツの男性は、次の回で制服コスプレで撮影会の主人公をすることになります。
     



    ランキングに参加しています
    ぽちっと押していただけるとうれしいです〜
    にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
    | liumeiuru | ソウルでの日常 | comments(0) | - |