韓国ところどころ

ソウルの路地裏や地方のステキなところをご紹介。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< NUVO・オートドリッパーとハンドミル | main | 春川・ファームステイ >>
芸術と写真・3回目は国内外の写真家を紹介
0
    週に1度、付岩洞(プアムドン)に写真を習うために通っています。ユン・ドンジュ記念館からかなり歩き、山登りに近い坂なので行くだけで正直かなり疲れます。汗だくだくです。けれども授業の内容がとても濃く、他の方たちの作品を見るのもとても刺激になるのでがんばって通っています。

    ↑この文章は毎回つけることにしました。

    3回目ともなり、スマホに警報メッセージが来るくらいの猛暑で来る人が激減、10名にも満たない中授業が行われました。先生はとても残念そうだったのが印象的でした。

    この日は露出、F値(チョリゲカッ)と、シャッタースピードとISOの関係について。内容が難しくて韓国語を聞いてたら頭がしびれました。暑さでボーっとしていたのも事実ですが、このあたりの論理をわかってるわかってないでけっこう差が出てくるのではないのかな…

    で、正直 全然わからないですね!

    後半は、“世界で一番高く落札された写真ベスト5”“国内外の演出写真作家”の紹介でした。写真好きのお方でしたらご存知の作家かもしれませんが、とてもよかったので紹介させてください。作家名をクリックすると詳しいサイトに飛びます。

     


     
    ■ウォン・ソンウォン(韓国)


    対象物を一つ一つ撮っていてコラージュしていく作品です。リアルだけれどもリアルでない風景が面白い。好きなものが写真に盛り込まれすぎて、作家さんと友達になりたい(笑)

     

     

    リー・ウェイ(中国)
    北京で活動する写真家。合成やCGではないそうですよ。とっても中国的な中国写真家と先生は言ってました。

     


    ■ライアン・マッギンレー(アメリカ)

    若者、友達、ガリガリの裸など
    ナン・ゴールディン、ラリー・クラークとかがお好きなら。

     



    ■アン・セグォン(韓国)
    韓国の繰り返される開発・再開発風景をリアルに切り取るのが得意。この方の写真好きですね〜
    9月27日まで国立現代美術館果川館で“アーキトピアの実験”という展示が開かれています。そこに作品があるようですね。
    まだ、行ってない…遠くて…

     


     
    友達らとおバカ写真というかんじですが、韓国の現代社会を痛烈に皮肉った作風で知られています。朴正煕前大統領に扮しています。一仕事終えてカラオケで祝う幹部たちの場面だそうです。
    7月24日から10月4日まで開かれる東江国際写真展
    にも出品しているそうですね。江原道の寧越(ヨンウォル)か、近いうち行けたらいいな。

     

     

    グレゴリー・クリュードソン(アメリカ

    演出作家として有名なのだそうです。この写真を撮るのに映画のようなセットとスタッフが必要で、この一枚のためにある町の経済が動くということで、その町の人たちからかなりリスペクトされているとのこと。

     

     


    ■ジュリア・フラートン・バッテン (ドイツ)

    東武ワールドスクエア的ミニチュアランドに少女を配置して撮ったり、林ナツミの浮遊少女的な少女が空中静止してる演出写真で知られる作家さん。富川(プチョン)でしたか、そこにもミニチュアランドがあり、そこで同じような写真を撮る作家さんがいるそうですが、まわりの車やアパートが見えてしまって現実感が出てしまって惜しいんだよね〜と先生。


     


    あと数人いましたが、忘れました。先生2人が、俺はこの写真の何がいいのかわからんとか、やった勝ちだよな〜、この少女浮遊、このほらここまで光が届いてるっていうことは照明がかなり明るくないと、室内で、もう何十個もライトがないと無理などとそんなゆるゆるトークで楽しかったです。

    ランキングに参加しています
    ぽちっと押していただけるとうれしいです〜
    にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
    | liumeiuru | ソウルでの日常 | comments(2) | - |
    畠山恵子 (2015/08/09 8:40 AM)
    今回は特に興味深く読ませて頂きました。
    いつか直接お会いてみたい方のひとりです。
    写真講座楽しそうですね。
    りうめい (2015/08/09 10:56 AM)
    畠山様

    コメントありがとうございます。
    ほとんど役にたたないブログですが、そのようなコメントいただき嬉しく思います!
    先生の一人が私の好きな写真家なので、もう嬉しくて仕方ありません。私の韓国語の真似とかして、イラッとすることもたまにありますが(笑)。