韓国ところどころ

ソウルの路地裏や地方のステキなところをご紹介。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 旌善1泊2日ツアー〜コンドゥレごはん「サリゴル食堂」から「アリヒルズ」のスカイウォーク | main | 旌善1泊2日ツアー〜アウラジでマッコリカクテル飲んで酔いながら湖畔歩いてついでにアリラン歌う >>
旌善1泊2日ツアー〜朝鮮時代の家屋展示「アラリ村」
0

    アラリ村に来ました。こちらは両班(ヤンバン)と呼ばれていた朝鮮王朝時代の貴族から、当時の農民が住んでいた家屋の展示がメイン。また、当時の昔話に登場する両班や農民の銅像が敷地内のあちこちに立っています。
     
     
    center
     

    アラリ村内では伝統芸能のミニ公演なども行われ、両班の家では二人のご婦人が旌善アリランを披露してくれました。この日は見事な五月晴れ。青々とした空の下でのびやかなアリランの声が響き渡りました。歌詞がわかればもっと楽しめるのでしょうけど(汗)
     
     

     


    彼女たちの歌うアリランのほかにも、アラリ村内で常にどこからかささやくような(?)ボリュームで歌が聞こえてきて不思議だったのですが、上を見上げてもスピーカーが見当たらず。これは一体?とよくさがすとこの石から聞こえてきたのでした。とても粋な計らいです。といいますか、少しこわかったです(笑)

     

     


    季節の花が咲き、新芽に彩られた樹木たちが春の訪れを体いっぱいで表現しているかのよう。アリランミニ公演そっちのけで、ひたすら植物を撮っている参加メンバーも多数いました。
     



     
    息子が両班の真似をし、それをツアーに参加メンバーに撮ってもらっているところ。

     


    両班のりっぱなおうちもいいのですが、この木の板の屋根に覆われた素朴な家もよかったです。これは冬は相当寒かったのではないかしら。
     




    屋根だけでなく壁も木の板といいますが、木の皮ですね。このようなスタイルの家ははじめて見ます。

     

     

    石をしっかりと置いて木の皮(?)が飛ばないようにしているのですかね。
     


     

    伝統的な雰囲気でいっぱいのアラリ村に突如あらわれたのは、旌善の公式キャラクター「ワワグン」。アラリ村では入場料を払うと村内で使えるクーポン(3,000ウォン分)が無料でもらえるようになっていて、伝統工芸体験の利用料として使うことができます。このワワグンのバッジ作りなどもあり、ぜひ体験してみたかったのですが時間切れ。残念。




    ランキングに参加しています
    ぽちっと押していただけるとうれしいです〜
    にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
    | liumeiuru | 江原道関連 | comments(0) | - |