韓国ところどころ

ソウルの路地裏や地方のステキなところをご紹介。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 平昌・四輪バギーで森の中を駆け抜けて秋を満喫 | main | NUVO・こんな形のキャンドルホルダー >>
平昌・黄土マウルペンション
0
    さて、平昌1泊2日旅行の続きです。
    ATV体験のバスで移動し、日も暮れかけた頃に『平昌ウリ韓牛タウン』(詳細は別途紹介予定)という養農組合の韓牛直営店で夕食を取り、ペンションへ。
    今回は旅行メンバー26人が数ヶ所のペンションに散らばって宿泊することになりました。
    旅行を取りまとめるリーダーもぎりぎりになってそのことを聞かされ驚いていたようです(笑)

    ワタクシは五台山のふもとにあるペンション『黄土マウルペンション』に、小学校5年生のお子さんといらした方と計4人で泊まることになりました。ペンションのオーナーが車で迎えに来てくださり韓牛直営店の駐車場で待ってくれていました、闇の中をひた走ること約15分。
     
     


    到着は夜の7時半頃。中に入るとオンドルでぽっかぽか。8畳くらいの広さでダブルベッドがひとつ、そしてきれいに整頓されたキッチン、ロフトがありました。黄土でできたおうちで、夏は涼しく冬は暖かいのだそうです。ほっとする色味で癒されますね。

    私たちが泊まった『黄土マウルペンション』ルーム4は4〜5人宿泊可能で10万ウォン、土日祝日は13万ウォン。
    食事なしです。お値段の感覚がよくつかめないでいるワタクシです。
    韓国では、だいたい庭で豚肉などのバーベキューを楽しむスタイル。朝はみなさんどうされているんでしょうね、気になります。




    炊飯器と電子レンジはだいたいありますね。








    寒さ対策で二重窓になっていますね。
     



     


    ロフトの様子。こちらで韓国ファミリーが寝ました。




    おつまみとビールを持参していた韓国人ママ、いろいろな話をしました。小学生高学年男子の母親としての経験談、韓国の小学校のこと、日本や日本人に対する最大公約数的な質問。こういう機会ってあんまりないので貴重な時間を過ごしましたよ。
    おしゃべりしている間も、旅メンバーのカカオで他のペンションの様子や飲み会のつまみ自慢など続々と(笑)




     


    写真がない(撮れない)のでアレですが、満点の星空には感動しました。

    翌朝、おお、こんなんだったのねえ〜
     



    こちらがオーナーご夫妻が住んでいる棟です。庭が広くいろいろな植物が植えられていました。りんごや梨の木もあり、寒暖の差が激しいのでほっといてもまあまあなのができると言っていました。
     




    赤、黄色、緑、オレンジ。秋の彩りで何を見ても自然の美しさにうっとり、写真をたくさん撮ってしまいました。

     



     

     

    こちらは朝ごはんです。朝からお肉ががっつり。オーナーが気を利かせて特別に用意してくれたものでした(※朝食はつかないタイプのペンションです)。
    個人的にはペンション宿泊は朝食つきのほうがいいと思うのだけれど・・・おかずは少なくてもいいんですよ、ごはんと味噌汁があれば。

    ひとつひとつのおかずがいちいちおいしくて感動し、朝ごはんぜひ始めてください!と韓国人ママと盛り上がっていると、
    もてなしたいという気持ちがどうしても強くなって、みんなの分をていねいに用意していたら他がおろそかになってしまうからやりたくてもできないとのこと。
     



    ペンションの窓の向こうは川が流れていましたよ。
     


     


    川を眺めながらバーベキューが楽しめるのですね。夏にここでぼーっとしたいな。
     





    ペンションの入口もとても雰囲気がよくてですね。
     


     

    朝は近所を散歩しました。

    何にもないところですが星いっぱいの空見あげて、大好きな人たちと一緒にお肉を焼いて、冬なら暖かいオンドル部屋でお酒を飲みながらおしゃべりを楽しむ。贅沢ですよね。
    平昌郡では2018冬季オリンピック・パラリンピックの宿泊施設の充実化を進めていて、今から個人ペンションの広報も積極的に行っているそうです。
    外国人が言葉がわからないまま予約も難しく、個人のペンションを利用するのはこれまたちょっと敷居が高いかもしれません。
    が、情報が増えていけば利用にもつながるのではないかなと思います。
    そういう相談窓口が外国人向けサービスとしてできればいいのになあと思います。オリンピックは内国人だけ来るわけではありませんし。


    オーナーによれば予約するときに送迎サービスといってくれれば、珍富ターミナルまで無料で送り迎えしてくれるそうです。
    これはありがたいですね。




    ★黄土マウルペンション

    住所:江原道 平昌郡 珍富面 水項里 326
    강원도 평창군 진부면 수항리 326
    電話:033-333-9232
    サイト:suhang.co.kr/room2.php
    アクセス:珍富ターミナルから車で10分ほど
     


    ランキングに参加しています
    ぽちっと押していただけるとうれしいです〜
    にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
    | liumeiuru | 江原道関連 | comments(0) | - |